カードローンとは何か

カードローンと聞くと、よくテレビCMなどで見かける消費者金融などを思い浮かべる人が多いだろう。昔はサラリーマン金融、サラ金と呼ばれていたものから消費者金融などの呼び方を経て、今ではカードローンなどと言った呼び方が主になっている。銀行なども参入してきている業界で、ユーザーサイドからも経営サイドからも注目されているものです。基本的にはお金を借りられる金融形態で、私たちが言うカードローンと言ったものはおそらく無担保の状態でも使える消費者金融などが中心となる。金融機関が発行するカードはクレジットカードでもなく、キャッシュカードでもないものが多く、カードローン専用のカードを発行してくれるところが多い。そもそも銀行に預金があればそちらを先に使うであろうし、キャッシュカードがあればカードローンより先にそちらの与信枠を使う人の方が多いと思います。

このページの先頭へ

街中にある無人契約機

カードローンなどをどこで借りればいいのか、どこで契約すればいいのかというのをはじめてのカードローンを経験する人は疑問に思うかもしれない。だが、答えはすぐ近くにあることを思い出すことができる。普段街を歩いているときに割と明るい色、黄色や緑色などで作られている無人契約機が街中にはあるからだ。使わないときは一切気にならないものだと思うが、思いのほか店舗数がある。カードローンや消費者金融の会社は一時期より減ったとも言われているものの、それでもビル一棟がまるまる無人契約店舗だったりするところは多く、減っていると言った印象はそこまで受けない。ビルのオーナーなどからしてみれば、カードローンの会社などは経営的にも安定しているので、店子としては重宝するという面もあると考えられます。

このページの先頭へ

カードローンを借りる決意

初めてカードローンを借りようとするときはかなり緊張すると思う。なぜなら今までやったことのない口座というかカードを作ることになるからだ。とはいえ、緊張しすぎる必要はない。なぜなら多くの人が活用して、利便性が高いシステムだからこそ今までカードローンの仕組みは残ってきたと言えるのだからである。店舗内に入れば手順はすべて示されているので借りに行く場合には臆せず行ってほしい。無担保である程度のお金を借りられるシステムはユーザーにとってみればかなりメリットのあるシステムだ。必要があれば効果的に利用していきたい。

このページの先頭へ